YouTube “A Hiroshima Schoolboy’s Story” by Roy Ray 父の被爆体験YouTubeビデオ

This video was created by Roy Ray on the 70th anniversary of the Hiroshima atomic bombing. Roy contacted me a few years ago, after reading my translation of my father’s atomic bomb record that was archived at the Imperial War Museum in London. As an artist, he was making large sculptural panels, dedicated to the millions of innocent victims of conflict in the World World Two, and one of them was called “Hiroshima”. We met when my parents were visiting London.

I would like to thank Roy on behalf of my father, for documenting my father’s experience into this four-minute video and for his continuous effort to spread the invaluable message of world peace. Thank you so much, Roy.

このビデオは広島原爆投下70周年を記念して、ロイ・レイさんが作成したものです。ロンドンにある王立戦争博物館に寄贈した、父の被爆体験記録の英訳文を読んで、数年前、連絡をいただきました。芸術家であるロイさんは当時、第二次世界大戦で犠牲になった何百万人もの方々に捧げる大きな彫刻パネルを作っておられますが、その一つを『ヒロシマ』と命名されました。その後、両親がロンドンを訪問した時に皆でお目にかかることができました。

四分間にまとめた父の被爆体験ビデオを作成していただき、長年に渡り、平和の尊さを呼びかけ続ける努力に、父に代わり厚くお礼を申し上げます。ロイさん、どうもありがとうございました。

Advertisements